« 苗字の日 | トップページ | ゴーヤ »

2005年9月17日 (土)

赤いパンツに願かけて

石川県の長寿1番は109歳。
110歳のお祝いは、珍寿というらしい。珍獣じゃなくて珍寿(ちんじゅ)(^_^;)
111歳のお祝いは、皇寿(こうじゅ)
120歳で大環暦!
二回目の環暦を迎えることからだとか。
誰か迎えた人はいるのかなぁ?
お客さんとそんな話をしていたら、還暦(60歳)の行事の話になった。
金沢では、還暦を迎えたお彼岸の(9月22日)夜中12時に
赤いパンツをはいて(昔はおこしだったとか)
金沢の浅野川にかかる七つの橋を誰とも話さず
黙って一筆書きに渡りきると、年を取ってから下の世話をされずに済む。
と言う風習があるらしい。
   金沢の七つの橋です。(おっちゃんの写真館より)
お客さんも60歳の時にお友達と行って来たとか。
12時過ぎたら、せーので話さず
1回拝んでから七つの橋を渡ってきたらしい。
他にも何人か渡る人が集まって来てて
全部の橋の前で拝んでから渡っている人もいたとか。
はいてる赤いパンツは、娘さんやらお嫁さんから貰うものらしく
静岡にお嫁に行ったお友達に頼まれて、娘さんに赤いバンツを送るよう
電話してあげたそうです。(^_^)
その願掛けした赤いパンツは、洗濯して半紙に包み
水引をつけて、たんすの奥に仕舞っておけばいいらしい。(^_^)
今日の北國新聞に、いくつかの橋を渡って願をかける行事が
沖縄や中国など各地にもあると書いてあった。
馬場公民館は、22日の夜に浅野川で七つ橋渡りを行うようです。
丁度還暦を迎えた方は、取りあえずはやっとくのもいいかも!
私も、その時には赤いパンツで行ってこようo(*^O^*)○

ここで俳句を1句

    『赤こしに 願ひて渡る 秋の川』    

この日誌を読まないと何のことだか意味がわからないだろうね~(^o^)

ituki追記 (9/18)
今日、お客さんに買ってきたばかりの五木寛之さんが書いた
『新金沢小景』と言う本を見せてもらった。
その中に【沈黙の橋】という題で七つの橋を渡る話が出てた。
還暦の時とは書いてなかったけど、決まりとしては
・1つの橋を渡る前後に合掌
・一筆書きのように回り、同じ橋を渡らない
・決して後を振り向かない
・人と口を聞かない
こんな決まりがあるみたいです。(^_^)

« 苗字の日 | トップページ | ゴーヤ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵なお話、初めて知りました。
最近よく梅の橋あたりをぷらぷらすること多いです。
浅野川の静かな感じが好きなんです(*^_^*)

浅野川の川べりはとっても素適な場所ですよね。
でも、なかなか行けませんけど・・・・
ちょっと旅行気分で、橋を歩いて見るのもいいですね。

コメントありがとね。(^_^)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21021/5991456

この記事へのトラックバック一覧です: 赤いパンツに願かけて:

« 苗字の日 | トップページ | ゴーヤ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

Welcome to My Homepage

  • いらっしいませ~♪

  • はにーわんだー

    はにはにと申します。金沢郊外のスーパーの中で、小さな喫茶店を営んでます。城北ショッピンクセンターナルックス鳴和店内 はにーわんだー 営業時間 10:00~19:00
     Yahoo地図

  • 今月・来月のお休み

       3月 9日(木)
       3月23日(木)
       4月13日(木)
       4月27日(木)です。

       どうぞよろしくお願いします。

      
  • おしゃべり喫茶室

    チャットですがぼそっと独り言書き込み場となってます(^_^)

  ☆~☆~☆


足跡

無料ブログはココログ