« 喉自慢花自慢 | トップページ | 新種です! »

2008年3月12日 (水)

シミ抜き王子

Org_pict_4_03家に帰って、しばらくしたらマスターから電話がかかってきた。
私の実家がテレビに出てると言うので慌てて見たら
同級生が出てました。(^o^)
白峰の雪だるまのお祭りを企画した役場職員です。
最初は観光客が50人くらいだったのに
今は1万人以上の観光客が来てくれるとか。
全国放送でも何回かニュースや番組で取り上げてもらって
本当に良かったです。
一応決まりとしては、家族の人数分の雪だるまを作るようになってます。
でも作るのは結構大変で年寄りばかりの世帯は学生さんが
ボランティアで作りに来てくれてます。
今は方言を伝えて行こうと取り組んでるようです。
方言でコントのような芝居をしてました。
でも、これって私が小学生の頃にも青年団の方達が
やってたんことなんですよね。
素人だけど方言の芝居なので本当に大笑いしてました。
金子アナウンサーも方言で民話の朗読をしてましたが
やっぱりちょっとイントネーションが違ってました。
これは地元の者じゃないと分からないですよね。(^o^)
家の子達の方が方言は上手かも。
  参照 MROラジオ 典子のそこやとこ 1月15日
さて本題(^_^;)
それが終わって、そのまま北陸朝日放送に入れてままになってたら
スーパーJチャンネルの特集?が始まりました。
今日の特集は『シミ抜き王子』というカリスマ修復師。
グッチの白いバックに幼い子どもがアイライナーで落書きをしてしまい
何軒もクリーニング屋で断られたらという方がその王子の元へ尋ねてきた。
汚れの性質をチェックして最適な洗浄液を作り
その液が勢いよく噴射する機械で流し落としていった。
それが見事に落ちるったらまぁ~
そのカリスマ修復師は福永真一さんという方とのこと。
『家庭でカンペキしみ抜きBOOK』という本を出してるらしい。

おっ!これは為になる。と思い慌てて録画しました。
家庭で出来るしみ抜き♪
まずカリスマ棒を作る。(落とすための道具です(^_^;))
脱脂綿を2枚に分け一つを丸めて割り箸の箸先に付けて
もう一枚を広げて包み輪ゴムで止める。
そして大概のシミはこれでいいと言う万能カリスマクリーナーを作る。
酸素系漂白剤(洗濯用)と重曹を1対1で混ぜ合わせる。
  (その日のうちに使うこと)
それでカッターシャツ(ワイシャツ)の襟の汗じみを取ってみる。
女性の場合は化粧品も混ざってるかも知れないので
クレンジングオイルも併用してみる。
中性洗剤とクレンジングオイルを1対1で混ぜて
カリスマ棒に含ませて叩く。ぬるま湯ですすいで水気を絞る。
それで今度はカリスマクリーナーを新しいカリスマ棒に沁み込ませて
汚れてる部分にこすらないようにポンポンポンと押さえつけるように
生地になじませる。
そして、なじませた部分にやかんの湯気をあてる。
漂白剤が活性化して取れ易くるするらしい。
落ちるまでクリーナーを塗って蒸気をあてるを繰り返す。(やけど注意)
コーヒー・醤油・赤ワイン・トマトジュースでも同じように取れるとか。
洗う前にシミ抜きをしないと逆に取れなくなってしまうらしい。
子どもが小さい時に付いて困ったものはケチャップです。
それはどうなんでしょうね~
トマトジュースが良いってことは大丈夫なのかなぁ?
ぶどうの汁も取れにくいけど、ワインが取れるってことは
これも大丈夫なのかなぁ?
食べ物のシミはほとんど食器と同じで中性洗剤で落としてみる。
 (マヨネーズ・ドレッシングなど)
カレーやシチューは中性洗剤とクエン酸を1対1で混ぜたもので叩く。
ファンデーション・口紅などの化粧品の汚れは
液体クレンザー・食器用中性洗剤・クレンジングオイル・エタノール
これをすべて同じ割合で混ぜていく。
その液を湯せんして暖める。(40度くらい)
その液をカリスマ棒でしみこませてぬるま湯でもみ洗い。
何回繰り返す。
ボールペンのラインを消したい時。
それとチョコレートも同じらしい。
汚れは生地の上に付いてるものなので下に雑巾をひいて
生地の裏から押し付けていく。
そうすると雑巾にボールペンのインクの汚れが落ちて付く。
時々ぬるま湯でもみ洗いしてこれを繰り返す。
血液のしみ抜き!  おっ待ってました。
大根ををすりおろして、少し汁が出るくらいに絞って
それを血液に沁み込ませていく。
大根のジアスターゼが固まった血液のたんぱく質を分解しやすくする。
血液って付いた時にすぐ洗い流すと、さっと落ちるけど
時間が経つとなかなかねぇ~
少し残ったりした時は消毒液オキシドールを使う。
血液中のカタラーゼに反応し漂白効果をアップする。
それから洗濯機で洗えば綺麗に落ちる。
本当かなぁ~(^o^)
この間、付いて困ったのが黄色いペンキ。
子ども会の地区委員で道路に止まれの足跡を描いた時に
Gパンに飛んで付いてしまったもの。
でも、水性だったので、なんとかこすり洗いしてるうちに落ちました。
Gパンだから良かったんでしょうけどね。
とっても役に立ちそうな特集でした。
子どもが小さい時にわかってたら良かったのにねぇ~
って今からでも使える技なので日誌にメモしときます。

« 喉自慢花自慢 | トップページ | 新種です! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

可愛い雪だるまですね~ 見てるだけで心が和みます。作り慣れてる感じだから、キレイな雪だるま。
東京なんかで雪が降って、お庭に作ってあるのは結構形がいびつです。まん丸に作るのって大変なんですよね。

シミ抜き・・・・・もう、ダメです。そんなにいろんな方法があると思うだけで面倒くさくなっちゃう。
私はぜーんぶ「オレンジエース」っていう汚れ落としを使って、これでダメなら「まぁ、汚れも思い出のうちさ♪」とあきらめます(笑)

hirorinさん(^o^)丿
雪だるまはいろんなのがあって、本当に可愛いものです。
特に夕方お腹辺りにろうそくを立てると
それはそれは幻想的です。
もう十何年やってるイベントなので、作り慣れはしてるでしょうね(^_^)

シミ抜きは面倒なんだけど、なんとか頑張って取ろうします。
でも本当に市販の洗剤を使うしか方法を知らないんですよね。
それで取れないとあきらめなきゃいけない。
クリーニングに出すほどでもないものは、もう着なくなってしまうもんね~
そっか~思い出のうちか~(^o^)
このしみはあの時の・・・
このしみは・・・ってねgood

よく昼に汁物を食べて、制服やらブラウスを汚してしまう私(泣)。
そういう日に限ってお客さんに会わなければいけないとか。
慌てて薬局で、市販のシミ取りを買ってくるけれど、
使い方がヘタなのか、あんまり・・です。
イザという時の為に、メモしとかないと!
白峰の雪だるま祭り、一度は行ってみたいものです(^-^)
>家族の人数分の雪だるまを作るようになってます
これは知りませんませんでした!

ふくださん(^o^)丿
着ている服をしみ抜きしないといけないっていうのも
辛いものがありますね~
まさか脱いでジャブジャブ洗うことも出来ないし
応急処置で水で濡らした布で汚れた部分を挟んでもみもみして落とし
後で乾いた布で押さえて水気を取り
それで落ちなかったらあきらめが肝心かも知れませんね。(^_^;)

白峰の雪だるま祭りは前は土曜日にやってたのですが
あまりに観光客が多くなりすぎて、一本道しかないので
救急の患者が出たときとか大変だということで
今は金曜日の夜にやってます。
確かにちょっと行きにくくなりました。
でも、是非一度は行ってみて下さいね。
雪だるまの数は家族の人数以上という決まりなのですが
それ以上にたくさん作ってるお宅もあります。
うわぁ大家族!とびっくりしないで下さいね。(^o^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21021/40479144

この記事へのトラックバック一覧です: シミ抜き王子:

« 喉自慢花自慢 | トップページ | 新種です! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

Welcome to My Homepage

  • いらっしいませ~♪

  • はにーわんだー

    はにはにと申します。金沢郊外のスーパーの中で、小さな喫茶店を営んでます。城北ショッピンクセンターナルックス鳴和店内 はにーわんだー 営業時間 10:00~19:00
     Yahoo地図

  • 今月・来月のお休み

       8月 3日(木)
       8月17日(木)
       9月 7日(木)
       9月21日(木)です。

       どうぞよろしくお願いします。   
  • おしゃべり喫茶室

    チャットですがぼそっと独り言書き込み場となってます(^_^)

  ☆~☆~☆


足跡

無料ブログはココログ