« あの夏、少年はいた | トップページ | 巨人vsヤクルト in金沢  »

2010年8月30日 (月)

傍観者効果

今日の世界まる見え!テレビ特捜部のコーナーで
『あなたならどうする?とっさの心理学大実験』 というのをやってました。
ニセの学力テストを受けている大学生。その途中、部屋の外から
人が倒れる音やうめき声が聞こえてきたら、助けにいくか?行かないか?
というものです。

《結果》<1人でいる場合>助けにいく。人を変えて実験をくり返しても、全員が助けに行った。
<5人でいる場合>誰も助けに行かない。あきらかに苦しそうな声が聞こえていても行かない。一体なぜ?  
その答えのヒントとなるのが『傍観者効果』という心理学用語。これは、目の前でトラブルが起きても、その場に居合わせた人数が多ければ多いほど、1人1人の責任感が薄くなり、「他の誰かが助けるだろう」と考え、困っている人に手をさしのべなくなる傾向があるのだ。ところが逆に、「自分しかいない」と思った時、人間はとてつもないパワーを発揮する。  世界まる見え!テレビ特捜部

お店の中で知り合いばかりだと、そうでもないかも。
今日、退院したばかりだというお客さんが、久々に来られたんですが
お店の入り口の段でよろけて転んでしまいました。
私は声に気が付いて助けに行ったんですが
なかなか体を起こすことが出来ずいたら
近くに座っていた方が、すっと立って、その方を持ち上げてくださいました。
常連さんなんですが、あまり話をしたことがないお客さんです。
本当に助かりました。ありがとうございます。
お店の中とか知り合いとなると、この実験結果は違ったものになるでしょうね。
田舎の方だと知らない人でも、それくらいのことなら助けてくれそうだし
また年齢にもよるしね。
年配の方は、やっぱりある程度、人とかかわることに慣れていて
何かあったら、声をかけてくれたりするのかもしれません。
大学生くらいだと、なかなかそこまでいかないのかも。
でも、乱暴に絡まれたりしてるのを見ても、やっぱり怖いから
なかなか助けにはいけないですよね。
そんな時は、せめて警察なり連絡してあげる勇気は持たないとね。
って、そんな場にいたら、なかなか出来ないのかも。(>_<)


« あの夏、少年はいた | トップページ | 巨人vsヤクルト in金沢  »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21021/49300535

この記事へのトラックバック一覧です: 傍観者効果:

« あの夏、少年はいた | トップページ | 巨人vsヤクルト in金沢  »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Welcome to My Homepage

  • いらっしいませ~♪

  • はにーわんだー

    はにはにと申します。金沢郊外のスーパーの中で、小さな喫茶店を営んでます。城北ショッピンクセンターナルックス鳴和店内 はにーわんだー 営業時間 10:00~19:00
     Yahoo地図

  • 今月・来月のお休み

      10月 5日(木)
      10月19日(木)
      11月 2日(木)
      11月16日(木)です。
       どうぞよろしくお願いします。   
  • おしゃべり喫茶室

    チャットですがぼそっと独り言書き込み場となってます(^_^)

  ☆~☆~☆


足跡

無料ブログはココログ