« コントのように噴出す | トップページ | 家政婦はミタミソコネタ »

2011年10月15日 (土)

鉛筆で描く杉山・・・・

マスターがテレビを見ていてとっても感動したという絵。
なんて名前?と聞くと

「杉山・・・・」

名前が出てこない。
鉛筆で絵を描くというので、そんな感じの言葉で調べてみました。
検索で出てきたのが杉山八郎さん。
古い建物を鉛筆で描くと、その古さが鉛筆の濃淡や
まっすぐではない鉛筆独特の線の太さ細さが物凄くリアルに
描かれていて、とっても素晴らしいです。
写真で写した古い建物は、どこか表面上に現代を感じてしまうけど
この鉛筆の絵は、古さを見事に表現してると思います。

ってうまく言えませんが、東京にアトリエがあるようです。
直接、本物を見てみたいですね。

ペン画家・杉山八郎さんの作品とオサンポ! 
    by Nostalgic TOKYO ~谷中・根津・千駄木~

スギヤマ・アートルーム ギャラリーショップ

職人の住む町 というHPの中にも紹介されてます。

Dscn4592
今、お店に立派な蘭が置いてあるんですが
とある事情から預かったものです。
未来の名工に送られたお花です。

一つのことを一つの物を機械では出来ないこと。
機械より柔軟に作ってしまう名工。
とっても時間のかかる貴重な方たちですよね。

あんな立派なお花はなかなか送れませんが
心から応援しています。


 

« コントのように噴出す | トップページ | 家政婦はミタミソコネタ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

杉山八郎さん、すごい!
鉛筆だけでここまで表現できるんだ!
写真のように精巧だけど、写真にはない良さがありますね。
なかなか立派な胡蝶蘭。
預かりものということですが、胡蝶蘭って白くても華があります。
う~ん・・・高そう。

ふくださん(^o^)丿

すごいですよね。
水墨画の色合いではあるんですが、まぁ細かいところまで
表現できてすごいです。

胡蝶蘭は本当に立派です。
皆さんと下世話な話ですが、いくら位かね~なんて
値踏みしたりしてます。
それにしても3本揃って咲かせるなんて、さすが商売屋さん。
と蘭を育てたことのある方に言うと
これは1本立ての鉢植えを寄せ植えにして3本立にするんだそうです。
納得しました。
来年咲かせるためには、花は早々に切って根っこに栄養が行くように
しないと駄目だとか。
それをしないと来年大きく咲かないらしいです。
温度管理や風も大事だとか。
伊達に高いお金を取ってるわけじゃないですよね。(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21021/52994549

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛筆で描く杉山・・・・:

« コントのように噴出す | トップページ | 家政婦はミタミソコネタ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

Welcome to My Homepage

  • いらっしいませ~♪

  • はにーわんだー

    はにはにと申します。金沢郊外のスーパーの中で、小さな喫茶店を営んでます。城北ショッピンクセンターナルックス鳴和店内 はにーわんだー 営業時間 10:00~19:00
     Yahoo地図

  • 今月・来月のお休み

       8月 3日(木)
       8月17日(木)
       9月 7日(木)
       9月21日(木)です。

       どうぞよろしくお願いします。   
  • おしゃべり喫茶室

    チャットですがぼそっと独り言書き込み場となってます(^_^)

  ☆~☆~☆


足跡

無料ブログはココログ