« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月23日 (月)

浴衣で東山 

先週の土曜日、娘が浴衣を着てご飯を食べに行きました。
何やら会社の接待で東山のお店に招待されたそうです。
条件は浴衣を着ていくこと。
去年、浴衣が抽選で当たって、娘の体に合わせて縫ってもらったんですが
着れず仕舞いで片付けたんです。
やっと着れる(^_^)//"""""パチパチと思ったんですが
よく考えたら、後のものは何も買ってない。
という事で、私の物を引っ張り出して、用意して持たせました。

何を持たせたらよいか分からないので、参考にしたHPがこちらゆかたの着付け
そして、昔、着物を売られてたお客さんからも参考に聞いてみました。
腰を補充するタオル2枚。
それと、慣れない草履で長く歩くと、足がすれて痛くなるので
カットバンを持たせておいたら良いよと教えていただきました。
確かに久々に草履を出して履いてみたけど、足を入れただけで痛い(>_<)
でも、今更、自分で鼻緒を直して、にっちもさっちも行かなくなったら
それこそ大変なので、直すのを止めて、カットバンを多めに持たせました。(^_^;)
草履のゆるいのも歩きにくいから、きついくらいがいいのかな?

花緒をのすげ方


夜、娘は浴衣を着て帰ってきました。
白地に淡いピンクの花模様に、蝶々が飛んでる柄がとっても可愛くて
似合ってたんですが、よくよく見るとヨレヨレです。
おはしょりはガタガタ。
後ろを見たら帯の端がほどけて垂れ下がってます。

どんなんそれ?   着崩れたか?(^o^)

着付けは確か会社の方がしてくれるとか・・・・・
よくよく聞いてみると、自分で着たとのことでした。

え~~~~~っ! 着方なんか知らないはずだけど  ((((((^_^;) 

会社の女性陣で行ったようなんですが、帯は手伝って貰ったけど
それぞれ自分の浴衣を着るのが大変なようで、後は自分でしたそうです。
補充のタオルを入れることもなく、着崩れる訳ですね。(^o^)
髪の毛は、同僚の元美容師さんがちょちょっとサイドを編み込みをして
アップにしてくれてあり、持って行った髪飾りを付けて、崩れることもなく綺麗でした。
あれで髪の毛まで、ばっさり壊れてたら悲惨でしたね。(^o^)
もしかして来年もあるのかな?
自分で着ると分かってたら、少しは練習して行ったのにねぇ~
いや!!今からでも遅くない。
どうせ出してあるんだから、練習してみよう!!

という事で、とりあえず本を買ってみることにしました。
この本を持って、また、お話しを聞いたお客さんにコツを聞いてみよう!!


2012年7月21日 (土)

えんどう?

息子の習い事に行くのに、自宅から30分。
夜の7時半から9時半までなので、自宅を7時に出るとなると・・・
一旦、家に帰ると2往復することになる。
賞味2時間掛かってしまう。( ̄□ ̄;)!!
ガソリン使ってバカみたい。
そう思って、習い事の周りで、時間を潰そうとすることにしました。
夜、遅くに1人でスターバックスはなかなか馴染めませんがしょうがない。
何回か入るうちに、人の出入りが気にならない場所を見つけて
ちょっとリラックスして、待てるようになりました。
うちのお店でも2時間3時間いらっしゃる方がいますが
何気に体力を使うものですね。 (^_^;)

真後ろの3~4人組のうら若き女性が何やら引っ切り無しに話しをしています。
女性と言う生き物は老いも若きも、よくしょべりますね(^O^)
話しの中心は『えんどう』でした。
聞く気がなくても、えんどうが、えんどうが、えんどうがと連発してるので
えんどうって、どんな人物なのか気になってしまいます。
最初、えんどうは好きな男の子なのかな?
と思ってたんですが、なんとなく聞き洩れてくる話しから女性か?
なんて思えてきたり。
結局、分からず仕舞いでその団体は帰って行きました。
なんだかすっきりしません。(^O^)

さて、調度、時間となりました。

と、昨日、あまりの暇さに携帯で打って、パソコンに送っといたものです。(^o^)
結構、はしょりました。


話は、がらっと変わりますが、レイズの松井秀喜選手の事が気になってしょうがないです。
なかなか打てません。
メジャーに上がれたのに、がけっぷちです。
20代の若いバネのあり選手と張り合わなくちゃいけないのは
とっても大変ですよね。
日本時間の朝の試合で、延長の末、レイズが勝ったみたいです。
3塁にいたペーニャがホームに入ってきて、レイズの選手が
ベースに集まって喜んでたけど
その中に松井選手はいなかったような・・・・(-_-;)
悲しい。それが悲しい。

神様仏様稲尾様 今度こそ打たせてやってください。
お願いします。

2012年7月13日 (金)

船の上?

囲碁と高校野球が大好きなお客さん。
明日から高校野球が始まるので、また見に行かなきゃと
張り切ってました。
特に母校の試合は、野球だけでなく、サッカーの試合も見に行かれてるようです。
明日は開会式と1試合だけあるようですが、今現在、結構降ってるので
明日、どうなるんでしょうね。
一応、天気予報は曇りですが・・・・
開会式は何が何でもやるんでしょうね。
九州の方で、雨が物凄く降ってるのに、開会式をやったようで
チアガールの女子高生がびしょぬれになって、ボンボンを振ってる姿が
ニュースで流れてました。
出来たら、今までの練習が充分発揮できるようにコンデション良く
試合をさせてあげたいものですね。

第94回全国高等学校野球選手権 asahi.com

その囲碁と高校野球の好きなお客さんが、珍しく携帯で何回も電話をかけてました。
でも、相手は出ないようです。

「どうしたんかな?寝とるんかな?」

なんて言われるので、どこかに携帯をほっつけてあって
気がつかないんじゃないんですか?と言うと
電話の相手は船の上にいるとのことでした。

船?('_' ?) ほや?

ヨットでもないし、クルーザーという立派なものもないし・・・
お友達が瀬戸内海から船に乗って金沢に3時頃に来る予定だそうで
どんなもんかと電話を掛けたようです。
でも、呼び出し音は鳴るけど出ないとか。( ̄□ ̄;)!!
まぁ呼び出し音が鳴るということは、船は沈んでいないということですよね。
しばらくお店で連絡を待ってたんですが、なかなか来ないので
一旦帰ることにしたようです。

どうなったんでしょうね。
この雨で天候も悪いし海はしけてるでしょうしね・・・・
まさかニュースで・・・・なんてことはないですね。
また、来られたときにでも、どうなったか聞いてみます。(^_^;)

2012年7月 8日 (日)

ゴーストママ 捜査線

七夕でしたね。でも生憎の雨。
七夕の夜に降る雨を【洒涙雨】(さいるいう)と言うらしいです。
織り姫と彦星が逢えなかった悲しみの涙か
逢瀬の後の惜別の涙か・・・・どちらにしても悲しい雨ですね。

スーパーの笹の木にお願いごとを書いた短冊が何枚か下がってました。
見てると微笑ましいです。
家族の健康とか宝くじに当たるお願いが多い中
三行に渡って書いてあるので、何かな?と思って読んでみました。

『こんな短冊にお願い事を書いて、笹に吊したくらいで
願い事が叶うなんて、そんなことはないと
日本中のみんなが気が付きますように』

笑えました。
私を笑わせてくれてありがとう。

『笑って暮らせますように』

と短冊にお願い事を書いた人がいたなら、大いに役立つ短冊ですね。

さて本題。
この頃、お客さんから韓国ドラマの話は聞かなくなりました。
そろそろ飽きたかな?
でも、日本のドラマの話も聞かないですが・・・・
またまたビックコミックオリジナルからテレビドラマが始まります。
2000年~2009年にかけて増刊号で連載された
ゴーストママ 捜査線 僕とママの不思議な100日 原作 佐藤智一

桜田警察署の生活安全課に勤める婦人警官の上原蝶子(仲間由紀恵)。
ある事件がきっかけで死亡し幽霊になる。
息子・とんぼ(君野夢真)6歳は気が優しい弱虫。
気になって、成仏出来ないため、幽霊になってそばにいる。
そして、婦人警官の蝶子は悪い考えの人を改めさせようとする。

原作は息子のとんぼの視点から描かれてるいた物語が
今回のドラマは母親 ・蝶子の視点から描かれているそうです。
ドラマに合わせて、ビックコミックオリジナルで連載されてます。
連載はママの視点からですね。

今回7月5日分の連載は、郵便配達員の話。
配達途中で事故にあって、亡くなってしまった。
その事故現場から、現金書留を盗んで行ったやつがいた。
配達員は死ぬに死ねない。
そこで、幽霊なっている婦人警官の蝶子と生きてる息子のとんぼが登場。
盗まれたお金は母親が息子に送った仕送り。
その泥棒にお金を返させようと、とんぼと一緒になって
なんとかしようとする。

漫画は読みやすくて、とっても面白いです。
ドラマはどうでしょうね。
『ごくせん』のスタッフが作ってるようです。

ゴーストママ 捜査線 僕とママの不思議な100日

警官役の生瀬勝久と塚地武雄とくれば、なんだか名前を見るだけで
面白そうな感じですよね。
とりあえずは見てみようと頑張りました。

火事で亡くなってから、気が付いたら幽霊となって、とんぼの傍にいる。
誰も気が付いてくれない。
でも、とんぼが母親のメガネをかけたら、何故かお母さんが見えるようになった。
実際、大事な人が亡くなった方にとっては、傍にいてくれるって
嬉しい設定なのかな。
なんて思ったりして観てました。やっぱり、不気味?(^_^;)
今回もとんぼと協力して事件を解決してました。
んなアホな!
と思うところはあるけど結構好きです。
ちょっと漫画より母親が綺麗過ぎるけどね。(^o^)

蝶子はとんぼのことが心配で幽霊となって、とんぼの傍にいる。
じゃ心配じゃ無くなったら?
『とんぼ』は前にしか進まず退かないところから、昔から勝ち虫と言われている。
勇敢な男の子になって欲しいと付けた名前だと教えた。
もう大丈夫と思ったときに成仏できて、ドラマが終わってしまうってことかな?
サブタイトルに『僕とママの不思議な100日』ってなってるから
100日間の話なんでしょうね。
実際、子供はいくつになっても心配だから、キリがないものね。

まぁまぁ面白かったです。
刑事ものと医者ものは好きだから良いんですが
ただ土曜日の9時という時間が、ソフトバレーの練習日なので
なかなか難しい時間です。


« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

Welcome to My Homepage

  • いらっしいませ~♪

  • はにーわんだー

    はにはにと申します。金沢郊外のスーパーの中で、小さな喫茶店を営んでます。城北ショッピンクセンターナルックス鳴和店内 はにーわんだー 営業時間 10:00~19:00
     Yahoo地図

  • 今月・来月のお休み

      11月 2日(木)
      11月16日(木)
      12月 7日(木)
      12月14日(木)です。
       どうぞよろしくお願いします。
  • おしゃべり喫茶室

    チャットですがぼそっと独り言書き込み場となってます(^_^)

Life is Wonder

  • Life is Wonder
    石川県金沢市を拠点に ロケーション撮影をメインとした 小さな写真屋さんです。

  ☆~☆~☆


足跡

無料ブログはココログ