« 自動的に別のHPが開いた現象について | トップページ | 夢のピッチャー イチロー 1996・2015 »

2015年9月24日 (木)

ラグビーW杯 日本vsスコットランド 

今日は2015ラグビーワールドカップ イングランド大会
日本対スコットランドの試合がありました。
それを見る前にBSで2003年のオーストラリア大会での
スコットランドとの試合が放送されていて
赤と白の大きな横縞模様の胸には桜の花のエンブレムが
ごっつい体に妙な感だなぁと思いつつ観てました。
今回のイングランド大会の予行演習にと観てましたが
イマイチ試合のルールが分かりません。

2015年のイングランド大会の放送が始まって
ユニフォームの色合いや桜の花のエンブレムがそんなに変わらなくて
へぇ~って感じでした。

娘の高校時代の体育の教科書に出てるラグビー用語を少し勉強して
観てましたが、なんで敵のゴールに向かってボールを蹴るのか分かりません。
それをまた敵チームが外に蹴り出してしまうのか意味が分かりません。
そこから『ラインアウト』というサイドからフリースローで真っ直ぐ投げてキャッチ。
それを持って逃げて、スクラム?
味方のボールの『キープ』というの定義がはっきりしません。
反則が多くて試合が止まるんですが、何がどう反則だったのか
いまいち分かりにくい。

団子状態になってボールを抱え込んでキープ?
後ろに出して見方チームが後ろから、後ろ横へパスをしてキープ。
あの時はボールを横取りしたらダメなんですね。
パスをするまで敵は動けないってことですね。
横パスをしてる時に、敵チームがインターセプトするのは良さそう。

でも分からない部分がありながらも、後ろ向き横パスで進んでいくのは
観ていて面白かったです。
そこで抜け出してトライ。
今回は、5回トライされてしまい、結局、45-10 で大敗してしまいましたが
80分ラクビーを見続けたのは初めての経験でした。
これも日本代表が1戦目に南アフリカに勝ったおかげですね。
やっぱりスコットランドは強かったってことでしょうか。

今度の試合は、10月3日(土) 日本 対 サモア だそうです。

あんなにぶつかってもタックルされても、びくともしない体にびっくり!
でも、むちゃくちゃにぶつかってるようでも、ちゃんと相手に怪我をさせないような
タックルのスタイルとルールがあるようですね。
大昔、働いてた会社の同僚に異様に首の太い、ごっつい体の方がいました。
羽咋工業高校でラクビーをしてたそうで、どれだけぶつかっても
動かないだろうなぁって印象でしたが、日本代表はあんなもんじゃないでしょうね。
それこそ世界の代表も凄いでしょう。
ラグビーの面白さが少し分かったような気がします。(^_^;)
五郎丸渉選手のキック前の儀式も見ることが出来ましたし

がんばれ日本!

J-SPORTS 

|

« 自動的に別のHPが開いた現象について | トップページ | 夢のピッチャー イチロー 1996・2015 »

コメント

実は高校時代の体育の授業でラグビーがありました 
腰から下のタックルは禁止だったけど、それでも怖い! (+_+)
体中が痛くなったけどなんかいい思い出になってしまった
見るのは面白いからよく観ますよ、テレビではね ^^ 

投稿: やきにく | 2015年10月 1日 (木) 18時13分

やきにくさん(^o^)丿

男子はラグビーやってましたね。
テレビ見てるとタックルとか凄いですよね。
普通の人は、あんなことされたら骨が折れるかもしれません。
歯だって折れてる方いますよね。
やきにくさんもやったんですね。
いい思い出ですか。
日常とは違う、力ずくのボールの取り合いは
心に沁みてるんですね。
10月3日のサモア戦楽しみです♪
(イマイチ分からないところが多いけど(^_^;))

投稿: はにはに | 2015年10月 2日 (金) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラグビーW杯 日本vsスコットランド :

« 自動的に別のHPが開いた現象について | トップページ | 夢のピッチャー イチロー 1996・2015 »