« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月27日 (水)

キジ 望遠練習 

今朝、裏のたんぼでキジが鳴いてました。

マスターの話では、最近、ちょくちょく来てるとのこと。

お~カメラの練習でもしてみようということで

50m?くらい離れたキジを望遠で撮ってみました。

難しい~

カメラ屋さんの話では、女性の力では光学ズーム35倍?(70倍?)までなら

なんとか綺麗に撮れるとのこと。

それ以上だと三脚か何かの支えが必要になると言われました。

確かに。

全く自分で持っただけでは、全然、ブレて撮れません。

近くにあった雪かき用のスコップを支えに、やっとやっと何枚か撮れました。

鳴くときは、翼を広げて少し立ち上がる感じで鳴くんですが

その瞬間を捕えよう思い、長く構えて激写しましたが、この程度。

やっぱり難しいですね~(^o^)

 

ココログのシステムが新しくなって、いまいち記事の投稿が

思うようにいきません。写真が大きくなりません。

おいおい慣れていくと思います。

 

お客さんから

「体がグレイで、しっぽが青っぽい鳥って何かわかる?」

と聞かれましたが、今だ不明。

お店のパンの耳をお分けしている方のお宅の来訪者です。

写真が撮れればいいんだけどね(^_^;)

 

 

 

備忘録

CanonのカメラでWi-Fi 機能がついているというので
設定しようとしたけど、何故かカメラに我が家の無線LANのアクセスポイントが
表示されず、買って1週間くらいずっと調べてました。
  アクセスポイント= SSID
絶対、NTTのルーターのせいだと思い検索したら、とっても参考になる
情報サイトを見つけました。

PR-400KI Wi-Fi設定値の確認方法

Wifi(無線LAN)のSSIDが表示されない・見つからない時の対処法とは?

ここの 『4. ルーターと子機のチャンネルは適切かどうか』 
全く意味は分からないけど、PR-400KI の設定を調べてみると
無線LAN設定 > 無線LAN設定 [ 無線LANアクセスポイント設定 ]で
自動設定になっていたので、『11』に変更したら
見事にアクセスポイントが表示されて、目出度くパソコンと繋がりました。
USBケーブルでつながなくても良いので楽ちんです。

キャノンのデジカメがWindows10のPCにWi-Fi接続できないときの対処法   ↑
本当に助かりました。ありがとうございます。

Img_0039s

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月22日 (金)

イチロー~~~~

イチロー選手が2019年3月21日 春分の日に引退してしまいました。
アメリカに渡ったのが2001年。
あの細い体では、なかなか無理かもと思ってから19年。
日本でのキャリアと合わせて28年
本当に感動の引退シーンとなりました。
7回アスレチックスに追いつかれて 4-4 
8回の4打席目は誰かが塁に出ないと回って来ない。
多分9回になったら交代かもと思ってたら
7番のベッカムが打ってくれてイチローの4打席目が回ってきた。
ありがとう~ベッカム!
打席に付くと東京ドームのファンから声の渦が見えるくらいの
イチローコール。
4打席目は、イチロー選手もなんとかファールで粘ってくれて
そして2塁へヒットか~ 
と思ったけど、一生懸命走ってギリギリアウト。残念。
9回に一度守備についてから、選手交代でベンチに帰ってくるときに
チームメイトとの抱擁が本当に感動的で、涙が出てきました。
試合の途中で試合後にイチローの記者会見があると出て
その後、しばらくしてから速報で『引退』の文字がはっきりと
出てしまいました。
本当にがっくりです。
でも、多分、今が一番良いタイミングだったのかもしれません。
怪我をしてとか、そんなことではない、いつものイチローのままの今が。
<br>
東京ドームのお客さんが試合が終わっても帰らず
イチローをコールしたり、ウェイブが起こったり
私も、もう一度イチロー選手が出てくるのを待ってました。
そして出てきてくれたイチロー選手は、球場を一周。
この場にいれた方たちはなんてラッキーだったんでしょう。
多分、70になっても80になっても90になっても
自慢の一瞬になると思います。
マリナーズの選手もスマホを構えて、歴史的な一瞬をとらえてました。
何人ものメジャーリーガーが、イチロー選手と同僚になったり
試合が出来たりしたことを喜んでくれてましたが
あの日は本当に特別だった思います。
イチロー選手の記者会見も最初から最後まで見てました。
本当に深く深く心を整理して、納得して、誰よりも苦労して
今のイチロー選手がいるんだなぁということが分かりました。
最後の最後まで怪我なく終えることが出来て
本当に最高の引退だったんではないかと思います。
でも、本当はずっと野球の試合に出ているイチローを見たかった。
実は、一番好きな時期がマーリンズ時代で
その時のチームメイトも好きでした。
ゴードン、イエリッチ、オスーナ、スタントン、プラド
リアルミュート、エチェバリア、ボーア、ロハス、デートリッチ
チェン、ラモス、ロドニー、ウレナ 
今でもたまにMLBサイトでチェックしてます。
そしてこの2試合に勝ってくれたマリナーズ 
さすが~♪ ありがと~(^_^)//"""""パチパチ
イチロー選手 本当に楽しませてもらいました。
ありがと~♪

 

https://www.youtube.com/watch?v=lpjvJqhPkEY

 

Dsc_7467

| | コメント (2)

2019年3月 8日 (金)

激写?手取川の水が・・・・

昨日はお休みで実家へ行ってきました。
今年は本当に雪が少なくてびっくりです。
雪が降って商売が成り立っている方は大変な年だったでしょうが
申し訳ないけど、とっても楽でした。
経費も節約できました。
でも、手取川の水の少なさに、さすがに水不足が心配になります。
冬でこんなに水量が少ないことはなかなかないですよね。
いつも怖いくらいに滔々と流れてるのに・・・・
もしかして梅雨の時期にとんでもなく雨が降ったり
それとも全く降らなかったり・・・・
異常気象が続くので、なんだか恐ろしいです。

話は変わりますが、デジタルカメラを買いました。
(^_^)//"""""パチパチ
Japan ワールドカップ ラグビーの写真を撮りたくて
綺麗に撮れる良いカメラが欲しかったんですが
綺麗に撮れる良いカメラは高くて、難しそうで、とてもじゃないけど
使いこなせないと思い、結局、コンパクトデジタルカメラの方を買ってしましました。
一眼レフ  とも思ったんですが、バカでかさに負けました。
いや値段に負けました。
手取川の写真を撮って来たんですが、雨でいまいち映りが悪いです。
腕のせいか?(^_^;)
まぁとにかくあまりの水の少なさに撮ってきました。
一番上と下の左側は桑島から。
右側は、下流の手取りダム(日本ダム協会HP)に近い手取川と赤谷川の合流地点です。
少ない・・・・

Img_0030s_3

Img_0033s_4Img_0035s_3


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

作成コーナーで確定申告

今年も確定申告の時期となりました。
毎年、毎年画面が変わるので、今年はいったいどんな感じかなぁと
楽しみになってきました。
当初は申告の時期が来ても、入力に迷わないようにと
作成コーナーの画面を残していたのに、こうも変わると意味がないんですが
なんとなく毎年やって来たことなので、今年も残してみます。

今年は、スマートフォンからも出来るということで
それに合わせて画面があっさりしています。
とっても見やすいです。
国税庁は、特集画面に細々と情報を載せるのはあきらめて
とにかく見やすさを追求した感じですね。(^o^)
国税庁 確定申告書等作成コーナーもあっさりしたものです。

H30_3H30_4














毎年、作成コーナーを使っているので、『保存データを利用し作成』の
途中で保存したデータ(拡張子が[.data])を読み込んで、作成を再開すると
住所や名前などが全部入力済みなので楽です。
息子は今年から就職したのでとうとう扶養を外れてしまい、控除がなくなって
少々がっかりですが、まぁ目出度いことですよね。(^_^;)


PhotoPhoto_2












過去の年分の保存データ(「.data」)を読み込んで、新規に申告書等を作成。

いつもの通りやったんですか、なんだか税金の額が違うなぁ~
と思いつつ印刷したら、平成29年度の申告書が出てきて
あれ? 
30年度に切り替えするところを飛ばして入力したみたいで
数字も29年度と30年度の数字が入り混じって決算書と全然違う。

(o_ _)o ドテッ! せっかく印刷したのにやり直し。

少しここが去年とデータの読み込み方の反映が違ってきてるんでしょうか?
やっぱり初めて見る方にはわかりにくいのかなぁ?
画面的には本当にあっさりして見やすいんですけどね。
まぁとにかく今年も作成コーナーのおかげで楽々申告書を作成できました。
税務署は、このままデータを送ってほしいようですが
私は印刷して合同庁舎に持っていきます。

これを誰かがまたパソコンに入力するのかな?
それとも機械で読み取っていくのかな?
テレビで申告したものがどうなっていくのか、追跡してもらいたいですね。(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »