« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月 8日 (日)

アルルナータ 白山工房コレクション 

この間亡くなった私の母は、昔、牛首紬を織ってました。

自宅から危なっかしく自転車に乗って、白山工房に通ってたことを思い出します。

その母の牛首紬の羽織が2枚あって、一枚は棺の中に入れてあげたのですが

もう一枚は何かの形にリメイクできないかと思っていたところ

アクタスという月刊誌に、エルメスで経験を積んだ日本人デザイナーの

の記事を見つけました。

牛首紬で洋服を作られたというので、いったいどんな風に洋服を作っているのか

参考にしようなどと、アホなことを思いつつ展示会を楽しみにしてました。

7日の朝一番のりの勢いで、しいのき迎賓館に到着。

ほとんどが牛首紬の展示でしたが、壁の片側は、洋服の展示になってました。

結城紬と大島紬のものもあって、どこか落ち着く印象です。

でも気安く触れない芸術品みたいな洋服です。

着物の反物もです。

上質なニットと紬の生地が見事に縫い合わさって凄く綺麗でした。

デザイナー寺西俊輔さんご本人もいらっしゃって、縫製の話も聞けて

本当に行って良かったです。

白山工房の方には、母のことを話したら覚えててくださって

本当に嬉しかったです。

とっても暖かい気持ちになりました。

ARLNATA アルルナータ

白山工房

角印 牛首紬

それから、お店に行って、お客さんにご報告。

紬の羽織はなかなか簡単に洋服にはできないと悟りました。

お客さんから、縦長の生地を利用して、スカートとかパンツとかならできるかもよといわれましたが

あの綺麗な縫製をみたら、あんなに上手くいくわけがないと思ってしまいました。

クッションなら簡単かもという案も・・・   

とにかくデザインって大事ですよね。

やっぱりなかなか難しいですね。

 

| | コメント (2)

« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »