« 2019年12月 | トップページ

2020年1月

2020年1月 4日 (土)

看守の流儀 城山真一

今日が仕事はじめです。

お正月は帳簿をやる気にもなれず、3日は箱根駅伝を見つつの

本ばっかり読んでいたので、頭の中に色んな出来事があって

ごちゃごちゃです。

それにプラス夜は映画『マスカレード・ホテル』の放送を見たもんだから

1年前に読んだ小説を思い出しつつ、頭の中で登場人物の整理。

東野圭吾さんのは、ひとひねりもふたひねりもある小説なんで大変です。

 

箱根駅伝をBGMに読んでいたのは、城山真一さんの『看守の流儀』

加賀刑務所で働くたくさんの看守の方々と服役中の受刑者や

その家族とのドラマや事件です。

お客さんの中にも更生保護のお手伝いをされてた方もいて

少年院に炊込みご飯を作りに行くこともあったそうです。

そこには顔を見ても分からないように地元の子供はいないとのことでした。

ご飯を作ってもらうという、普通のことが有難いんだとか。

親に作ってもらったことがない子もいるとか (ノдヽ)ョョ

看守の流儀を読んでいても、涙が出るシーンも何か所かありました。

それぞれ1人1人にドラマがあるんですよね。 

それにしても、城山さんの小説は面白い書き方でした。

大きな思い違いでした。  くくくっ 読む方はどうぞお楽しみに♪

さぁこれで心置きなく帳簿に取り掛かれます。

そのはずです。

 

今現在は、読売新聞連載の堂上瞬一さん『奔る男 金栗四三』が終わって

星野智幸さんの『だまされ屋さん』が始まり

浅田次郎さんの『流人道中記』が終わって(面白かった~)

阿川佐和子さんの『ばあさんは15歳』が始まりました。

そして月に1回の女性自身連載定番 赤川次郎さんの

『焦茶色のナイトガウン』を読んでます。 (メモです)

が、とにかく全く手を付けてない帳簿に(税務署には内緒)目途が付くまで

新しい本は読みかけないことにします。

それが終わったら、『看守の流儀』の帯の「これは久々のドストライクだ」

と言われた横山秀夫さんはどうかなぁと思ってます。

テレビドラマの『64』とか『臨場』は見たことがあっても

読んだことがないんです。これで決まりかな。何が良いかな~♬

| | コメント (2)

2020年1月 2日 (木)

ん十年のこころとロト6報告

令和2年になりました。

Nezumi_is56

また今年もよろしくお願い申し上げます。

喪中につき控えめのお正月ですが

なんと3日までお休みです。こんなことは初めてです。(いつもは2日まで)

何だか世間は休まなきゃいけない雰囲気のようです~♬

でも、何をしていいやら(^_^;)

ってことで、元旦は読みかけの小説を読んで終わりました。

 

去年、ラグビーも終わり落ち着いた頃、嫁に行った娘の本を整理したら

その中に夏目漱石の『こゝろ』を見つけました。

中学生の時に教科書に載っていた『こゝろ』。

内容は教科書に載っていた一部分しか読んでなかったんですが

なんて面白いんだろうと思った記憶があります。

太宰治の『走れメロス』を読んだ時もそう思ってました。

国語はそんなに得意ではなく、どんなに勉強しても60点台。

そんな読解力しかないんですが、テストのために読むのとは違いますよね。

いつか読もうと思いつつ ん十年。

よし!とばかりに、それから寝る前の布団の中で眠くなるまで読んでました。

12月31日まで『両親と私』を読んで、元旦の日は、教科書に載っていた

私(=先生)とKの最後の章を読み終えました。

ここでその章のタイトルを書くのもはばかれるような

お正月に読む内容ではないですが、謎は解けました。

大正時代と今との人の付き合い方や考え方が随分違いますが

心の苦しさは共通です。

誠実に正直に生きないとね。

さぁ次は、城山真一さんの『看守の流儀』

のっけから面白い~♬

 

余談

年末にいつも収支決算報告を書いてましたが、最後の抽選が30日。

最後の最後で当たりました。(^_^)//"""""パチパチ  1000円♬

ナルックスの建物に隣接して建っていた宝くじ売り場が閉店して

高柳へ行ってしまい、本当に不便になりました。

そのため途中でロト6を中断。

今年は 全47回購入して  

200円×5人×47回=47000円

当選1000円が9回で9000円。 <訂正> それにプラス 9100円

合計 18100円 の当選でした。 

まぁまぁの良い確率の年でした。こんなもんですね。(じゃない上出来)

年末にロト6の報告がなかったら高額当選やもしれませんので悪しからず。

((((((^_^;)

また変わりなく今年も頑張りましょう。

| | コメント (2)

« 2019年12月 | トップページ