« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年7月

2020年7月24日 (金)

クライマーズ・ハイ 横山秀夫

横山秀夫さんの『第三の時効』の後にもう一冊買っておいた

『クライマーズ・ハイ』を読みました。

1985年、御巣鷹山に墜落した航空機事故。

御巣鷹山は群馬県内。

その群馬にある新聞社で、飛行機事故の記事を書いて載せるまでの

記者や編集者たちの毎日の時間との闘いや、苦悩を描いた小説でした。

実際にあった話なのかなぁと思うほどリアルな感じです。

内容が悲惨な事故を題材にしているので『面白かった』とは

とても表現できませんが、小説を読んでいるはずなのに

テレビドラマを見ているような、一気に読ませる素晴らしい小説でした。

会話が生き生きとして本当に引き付けられました。

『クライマーズ・ハイ』はやっぱりTVドラマや映画になってるんですね。

クライマーズ・ハイ Wikipedia 

今も活躍されてる実力派の役者さんばかりです。

この間、『第三の時効』を読んだ後、すぐにBSでテレビドラマが放送されてました。

結構、原作に近いセリフが使われている印象でした。

やっぱりじんわり面白かったです。

クライマーズ・ハイも再放送があるんでしょうか。

それはそれで見るのは辛いですね。

8月12日に事故があって、今年で35年。

今でもあの衝撃は残ってます。 

南無阿弥陀仏

Dsc_7987s

 

| | コメント (2)

2020年7月 7日 (火)

第三の時効

城山真一さんの『看守の流儀』の帯を書かれた横山秀夫さんの

『第三の時効』と『クライマーズ・ハイ』をamazonで注文。

最初に『第三の時効』の方を読んでみました。

強行犯捜査一課 田畑課長の部下に 

1班 朽木

2班 楠見

3班 村瀬

媚びないやり手揃いの我が道を行く3人の班長

その下に付く部下たちも火花を散らしている。

事件が起きるんですが、地味に始まり地味に解決。

ふ~んって感じでしたが、本の題名になっている『第三の時効』の事件から

凄く引き付けられました

全体的には地味な感じで事件が起きて、ぱっと閃いて解決のパターン。

この3人の班長を中心に、そうだったのか~と解決していくんですが

余り姿の描写がないのでイメージしづらいんです。

でも3人ともそれぞれ高倉健のような感じです(^_^;)

とにかく渋いです。

いやぁ~じわっと引き付ける面白い小説でした。

テレビドラマにでもなってないかなぁ?(^o^)

もう一つ読もうと思って『半落ち』とどっちにしようか迷ったんですが

『クライマーズ・ハイ』にしました。楽しみ~

 

余談

今朝の雨は凄かったです。

丁度小学生の登校の時間で大変だ~と思ってたら

ネットで昨日の午後に鳴和の山手の方の夕日寺で

熊に襲われたというニュースを見ました。

お客さんに朝一番に子供の見守りをされてる方がいて

どうしたかなぁ~なんて心配してました。

午後にその方が来られたので、状況を聞くと

今朝は登校時間に子供たちを熊から守るために

道々に人が結構出てたそうです。

そこにこの大雨なので物凄く渋滞してたとか。

子供の見守りですが熊は大人でも怖いですよね。大変です。

 

それにしても最近の雨の降り方は怖いですよね。

写真は白峰の百万貫の岩です。

昭和9年の手取川の洪水で転がってきた岩です。

水はすごい力です。気を付けましょう。

地質情報ポータルサイト参照

Photo_20200707220801 

 

| | コメント (2)

2020年7月 3日 (金)

ひゃくまん穀~♬

昨日はお休みでした。

実家のポストの中に永代経のお米の袋が入っているから行かなきゃ!

と思い勇んで『ひゃくまん穀』のお米を買って行ったら

袋が入ってなくて・・・?

家主がなかなか帰れないから今年は入れないでおこうと

お寺さんが思ったのかな?と思い

直接お寺行ってはみたけど、なんとなく静かで・・・

白峰のドラッグストアの つるさん に昔から食べている干しうどんを買いがてら

探りを入れに行きました。

今年はなんのお参りもなく、そう言えばまだお米の袋が入ってない。とか。

そっか~小さい村だから一人コロナが出たら大変だと思うのか

とにかく用心されているようです。

無理やり置いてこようかなとも思いましたが止めておきました。

仏様の代わりに家で食べることにします。 ひゃくまん穀~♬

 Photo_20200703102801

| | コメント (2)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »